スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レバノン人の女性をアテンド(六本木)

数日前、あるサイトを通じて、突然彼女から連絡があった。
「あなたの提案しているガイドツアーに興味があるから、アテンドしてもらえないかしら?」

というわけで、現在、名古屋に住んでいるレバノン出身の方の
東京案内(六本木案内)をすることに。

聞けば、奨学金を得て1年間日本語を勉強したものの、まだそんなに話せなくて、
東京に日本人の友達はいないらしい(エジプト人の友達はいるらしい)。

六本木ヒルズのナイトビュー→ドンキホーテ→ハードロックカフェ
→六本木のバーなどをはしご。

日本の女の子は、お人形さんみたいで可愛くて素敵だという彼女。
顔がまんまるで、体が小さいから可愛いというのが彼女の主張。
(ちなみに「魔法少女まどか☆まぎか」がお気に入りらしい)。

想像だけど、レバノンの女性だってきっと素敵でしょ?と聞くと、
「確かにキレイな女性は多いけど、可愛いというのとは違うのよ」。
「彼女たちはメイクして、ドレスアップしてゴージャスに着飾っている」。
「でも、私はそういうのわずらわしくて。普段、メイクもしないしね」。
「目の周りを黒く塗るメイクなら大歓迎よ」
(結構なハードロックのファンらしい)。

「私は、リラックマが好きなの。私の友達」。
「顔がまん丸で、体が小さくて、そしてあまり運動しないから、ぽっちゃりしている。
素敵だと思わない?」

それから話は、彼女の日本でできた友達にはなぜかフィンランド人が多くて、
フィンランド人はなぜだか、日本のパンクが大好きなのだとか。
レバノンのクラブは、とっても変わっていて、
元病院の施設が丸ごとクラブになっていたり、地下シェルターがクラブになってたりするのだとか。
そんな話に。

数日前まで、まさかレバノン人の方とそんな話をすることになるとは予想だにせず……。
インターネットの力って本当に凄い。

そんなプライスレスな体験ができるサイトはコチラ↓
https://www.govoyagin.com/?lang=ja
スポンサーサイト
ランキング参加中です。

↑ポチとしてもらえると更新の励みになります。
リンク&TBフリーです。
翻訳(英・中・韓)
最新記事
カテゴリで選ぶ
プロフィール

そる

Author:そる
I've lived in Singapore for 2 years and in Vietnam for a half year.

FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
StyleKeeper
QRコード
QRコード
フリーエリア
track feed Tokyo Artwriters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。