スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

茶番だ

かつての面接にて。
話題が、キャッチコピーのことについて、話が及ぶ。

すると部長さんらしき人が聞いて来る。
「君は、キャッチコピーの本質とは何だと思うかね?」。
僕は答える。これは面接。とにかく、何か答えなければならない。

「えっと、、、例えは悪いかもしれませんが、
『道行く人に石を投げて振り向いてもらうような行為』ではないでしょうか?」。
(昔習ったコピーライターがもっと洗練されたワードでそんなことを言っていたような…)

「それは、違うな」。
面接官が自信たっぷりに否定する。
ま、僕が何を言おうが、こう言うのだろう。決まった筋書き。

「では、何と?」。
たっぷりとした間。名探偵が推理を披露する直前のあの時間。
「キャッチコピーの本質とは、『消費者からお金を引き出すこと』ではないかね」。

(いや、一応ブランディングのためのキャッチコピーとか、
そこまで直接、お金に結びつかないキャッチコピーもあるんじゃあ……。
大体、キャッチコピーに限らず、
資本主義国でビジネスやってりゃあ、大抵の本質は「お金」だろうよ)。

と、内心あきれたが、そこは面接。
「なるほど、そうですね」と、恐れ入ったフリをした。
すべてが茶番だった。






コメントの投稿

非公開コメント

ランキング参加中です。

↑ポチとしてもらえると更新の励みになります。
リンク&TBフリーです。
翻訳(英・中・韓)
最新記事
カテゴリで選ぶ
プロフィール

そる

Author:そる
I've lived in Singapore for 2 years and in Vietnam for a half year.

FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
StyleKeeper
QRコード
QRコード
フリーエリア
track feed Tokyo Artwriters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。